忍者ブログ
世界の株式動向を見ながら、上手に資産運用を!
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

がっちりマンデーという番組に、「先読みが難しい株価の動向、それを毎年ピタリと当てる男」として竹田製菓の会長であり、日本一の大株主である竹田和平さんが出ていました。

竹田和平さんの所有している株の時価総額は100億円を超えるそう。

そんな竹田和平さんが、2010年の株価動向について、番組内で次のように語っていました。

2006年元旦に「今年の株価は17000円の株価になる」と予測すると、2006年3月には17000円台になり的中。

まだ多くの人が株価は好調と見ていた2007年5月には「次の時代に向けて変革する冬の時代が来るんでね。」と株価下落を予測してまた的中。

2008年末、株価8000円だった時には、「相当、まだきついと思うよ。6000円くらいまで突っ込むんじゃないの」と2009年の日経平均は6000円台になると予測。

そして、2009年3月には7021円と6000円台突入寸前に。ほぼ的中。

こんな数々の予測を的中させてきた竹田和平さんが予測する2010年の株価動向は・・・?2010年の日本経済は・・・?

竹田和平さんは次のように答えます。

『私はどちらかと言うと、明るい方に加担したいね。パーと明るい時になると12000円位は行くかなぁーと。東南アジアは経済成長することは、だいたい間違いないようだから、すると、日本の方もそんなに今度は落ち込まずに行くんじゃないかと。東南アジアはまだまだ豊かになりたいということで、エネルギーがいっぱい貯まっているからね。東南アジアを取引をしている日本の企業は利益を出すチャンスが非常に出てくると。』


竹田和平さんも、多くの投資家、経営者、政治家、官僚が定期購読しているニューズウィーク日本語版を読んでいるのでしょうか?

竹田和平さんの本では、以下の2冊がオススメです。

投資の極意は「感謝のこころ」
投資の極意は「感謝のこころ」

バフェットと竹田和平 富を築く大富豪の教え―「投資の賢人」たちの金言に学ぶ
バフェットと竹田和平 富を築く大富豪の教え―「投資の賢人」たちの金言に学ぶ


ゲストで出ていたソフトブレーン株式会社創業者の宋文洲さんは次のように言っていました。

『日本の株価はダウ(アメリカの代表的な株価指数)とかぶって見ると、ほとんどコピーですから、だから日本だけの景気を見ていてはダメなんですよ。そういった意味で、来年も日本の株価は必ず世界の株価に影響されて、年末には12000〜13000円まで上がる。世界はもっと上がるんですけど、日本はそこまでしか上がらないという若干弱気ですよね。』


日経平均はダウのコピー。まさに、その通りです。

日本の株価は世界の株価に影響されます。

その理由は、この本に書いてあります。名著です。

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる
株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる
PR


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
スポンサードサイト
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
プロフィール
HN:
資産運用
性別:
非公開