忍者ブログ
世界の株式動向を見ながら、上手に資産運用を!
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先月、日銀が発表した資金循環統計によると、日本での一般家庭が保有する金融資産残高が1,536兆1,628億円になっているということでした。

仮に、日本国民が1億2000万人で計算すると、1人あたり約1280万円ということになります。

この数字を見ても、おそらく多くの人が、「そんな大金、持ってないよっ!」と思うことでしょう。

では、誰が持っているのでしょうか??

現在、日本は世界でもまれに見る高齢化社会です。

現在の我が国では50歳以上の人が人口の40%を占めていると言われています。

つまり、この50歳以上の高齢者の人たちが、金融資産の多くを持っているんですね。

しかし、日本はこれまた世界でもまれに見る銀行貯金が大好きな国民です。

他国に比べて、金融資産を現金や預金で持っている割合が非常に多いのです。

他の先進国では、株式や投資信託、債券、保険などで持っている割合が多く、現金や預金では30%前後しか持ちませんが、日本人は50%も現金や預金で持っているのです。

つまり、リスク資産を持たない傾向があるんですね。

しかし、この50歳以上の人たちが持っている金融資産が動かない限り、本当の意味での日本の景気回復はないと思います。
PR


忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
スポンサードサイト
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
プロフィール
HN:
資産運用
性別:
非公開